給湯器大辞典


ガス給湯器2大メーカー時代

 

ガス給湯器シェアはリンナイ+ノーリツの2社で80%を越え、2大メーカー時代が続いています。NEX HOMEとして2大メーカーのみを取り扱う理由はこの圧倒的なシェアです。

 

販売、生産台数が多いということは、そこに使われている部品も、高品質なものが安く買えるということがあります。NEX HOMEとして取り換えのご要望を受け、訪問させていただいたお宅でもパロマ社製やパーパス社製の給湯器をお使いのお客様は少ないですが、やはり2大メーカーのものよりも早く故障し、使えなくなるのも早いという印象です。

 

「大阪ガスが入っていない」と思われる方もいらっしゃると思いますが、大阪ガスは給湯器を生産しておらず、リンナイやノーリツが製造したものを大阪ガス品として販売している(OEM)のです。

 

また、ガスターやハーマン社製の給湯器をお使いのお客様もいらっしゃるかもしれませんが、現在はガスターはリンナイに、ハーマンはノーリツにそれぞれ吸収合併されています。


給湯器の種類


ガス・石油・暖房機能つき・追い焚きつき?

給湯器は日本の住宅の進化とともに進化してきました。ここ20年ほどは大きな変化はありませんが、高度経済成長・バブル期には次々と新商品が発売され、世界には類を見ない独自の風呂文化の一翼を担ってきました。

 

現在では素取り換え(同機能の機種の取り換え)がほとんどですが、立替えやお風呂のリフォームの際には下記の機能から見直されることをおすすめします。

 

給湯専用機

給湯専用給湯機

文字通り、浴室、台所、洗面などにお湯を供給するタイプです。浴槽へのお湯はりも水栓から行えます。

 

 

追い焚き機能つき給湯器(ふろ給湯器)

追いだき機能付き給湯器

給湯に加え、追い焚き配管(ふろ配管)を備え、「ふろ自動」ボタンを押すだけでお湯はりができるタイプです。

 

オート(セミオート)タイプとフルオートタイプがあり、追い焚き配管洗浄機能などに様々なグレードがあります。

 

 

暖房機能付きふろ給湯器

温水暖房機能付きふろ給湯器

浴室暖房や床暖房といった暖房設備に高温のお湯を循環させる機能をもった給湯器です。

約20年ほど前から一般的になり、現在ではマンションの多くで標準装備されています。

 

>>エコジョーズとは

 

>>設置場所による種類